FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-1

0
     電源喪失の記憶(証言 福島第1原発)

    第5章 「命」

    〈1〉首相「逃げ切れんぞ」  本店へと乗り込む

    大分合同新聞 2014.8.12夕刊掲載

     万策は尽きたー。3月15日、福島第一原発では2号機格納容器で圧力が上昇し、破損して大量の放射性物質が放出される恐れが高まっていた。なすすべのない東京電力に憤る首相。首都圏をも巻き込んだ東日本の広域が汚染される史上最悪の事態は避けられるのか。「退避せよ」。所長の命令が下る。事故発生から5日目。免震重要棟は運命の朝を迎えた。

    「日本国の滅亡だ」

     「撤退したら東電は100パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ!」。3月15日午前5時35分すぎ、東京・内幸町の東京電力本店の緊急時対策室に首相の菅直人(64)の怒号が響いていた。

     「プラントを放棄したらどういうことになるか知っているはずだ」。目の前に、こわばった表情の東電会長勝俣恒久(70)ら経営陣がいた。

     政府と東電が一体で事故収束に当たる統合対策本部を設置するー。首相官邸のエントランスで管は記者団にそう告げて東電本店へと乗り込んだ。民間企業の本社に首相が赴き、対策本部を立ち上げる。異例の対応だった。

     管を乗せた専用車はカメラのフラッシュの中を地下駐車場に入った。2階の対策室では経済産業相の海江田万里(62)らが既に待機していた。統合本部事務局長を命じられた首相補佐官の細野豪志(39)が「総理から一言あいさつを」と紹介し、管は話し始めた。

     その様子はテレビ会議システムで福島第1原発にも中継されていた。

     「このままでは日本国滅亡だ。撤退などあり得ない。命懸けでやれ」

     「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く。社長、会長も覚悟を決めてやれ!」

     社長の清水正孝(66)を午前4時すぎに官邸へ呼び、第1原発からの撤退はあり得ないと宣告した管だったが、拭い切れない東電への不信感がここで爆発した。勝俣や清水を指さし、時折両手を大きく広げ、部屋にいた約200人の社員に大声でまくし立てた。

     「撤退したら東電は100パーセントつぶれる」。管はもう一度言った。

     「大事なことは5、6人で決めるものだ。ふざけるんじゃない」と最後に言い放つと、打ち合わせの小部屋を用意するよう求めた。演説は10分以上に及んだ。

    テレビ会議の存在

     菅の激しい言葉に免震重要棟の社員たちも足を止め、テレビ会議の画面に見入っていた。

     管はこの時の言動を振り返り「怒鳴り散らしたなんて意識は全くない」と説明する。

     「本当に大変な状況だから、何としてもギリギリ頑張ってくれという思いを強い言葉で言ったかもしれないけど、彼らを怒るって感覚はないんだよ、俺には」

     一方、事故対応に当たった政治家の多くは、テレビ会議の存在をこの時初めて、知った。1号機の爆発をテレビのニュースで知らされるなど情報伝達の遅れにいら立っていた管には驚きだった。

     「本当にびっくりした。でかいスクリーンがあって、第1原発とつながっているじゃない。『なんだこれ』っていうか、これがあるのになんであんなに官邸に情報が伝わるのが遅いんだと…」

     政府と東電の意思疎通改善を目指した統合本部設置。だが危機を救うには遅すぎたと管は直後に思い知らされる。(敬称略。年齢、肩書は当時。共同通信 太田久史)
     =第5章(最終章)、18回続き=





      


    はじめに

    0

      東日本大震災から3年半が過ぎました。

      原発事故からも同じだけの年月が流れました。大丈夫、乗り越えられる、と食い入るように福島第一原発が映る画面を見つめていたあの時に、その向こうでは一体何があったのか。

      「全電源喪失の記憶」は、共同通信が現場取材を重ねて当時の詳しい状況を記事にしたもので、福島民報や福島民友新聞を始めとする地方新聞に3月に掲載されてから最終章となる5章までまとめられていき、8月をもって終了された長期の連載記事です。時期を前後しながらおよそ30社が掲載していきました。

      この最終章を切り抜いてちょっとした本仕立てにしようと新聞紙をひっくり返してはノートに貼って行ったのですが、最初のいくつかの掲載分が抜けてしまいました。

      それならとネットで検索してみましたら、安全神話が崩れた、だから再稼働はなるものか、という極端な脱原発推進と一緒に取り上げるブログばかりが目につきます。
       

      神話は今は無いのなら、きっと当事者の方々は歩みを止めずに進んでほしいと願っているはずです。

      そんな視点で取り上げるブログが読みたくてこのブログを立ち上げました。

      _____________________________________

      以下の記事や写真、資料を転載させて頂きました。
      深く感謝致します。

      全電源喪失の記憶《証言 福島第一原発》

      第5章 「命」

      〈全ての写真及び資料〉

      転載元:現在の安全と未来の環境を守るために(臼杵竹宵)

          大分合同新聞掲載分

      〈1〉〜〈4〉及び〈7〉

      転載元:大分合同新聞

      〈上記以外〉

      転載元:南日本新聞



      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      books

      attractive entries

      link banners

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
        香月
      • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
        香月
      • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
        香月
      • これからのエネルギー&原発の未来
        ブランド コピー激安楽天市場
      • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
        うらら
      • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
        香月
      • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
        うらら

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM