「近衛文麿の戦い」読後感想など

0



    近衛文麿の戦い(上)〜日本を戦争に引きずり込んだ「見えない力」
    近衛文麿の戦い(下)〜命も名誉も捨てて近衛が護ったもの

    共産勢力の恐ろしさ。何かあれば民主主義を持ち出すところは今に通じます。「共産主義は偽神」とはよく言ったものです。

    誰もが分け隔てなく幸せに暮らせる世界。彼らの発するこの思想はぐっときます。特に若い人や純粋な人ほどそうでしょう。

    ですが、根本的な欠点があります。

    それは労働を忌むべきものとしているところです。

    我が国は、神話の時代から、労働は尊い。

    君は民を「百姓(おおみたから)」と呼び慈しみ、民は君を慕う。
    国中平らかに安らけく。

    そこにあるのは互いを信頼し合う心です。

    君のおわします豊かな国。自助精神のある国。労働は尊い国。

    戦後70年。真摯な反省とともに、これを守り、受け継いでいかなければなりません。

    民主主義とは相性がいいようにも思えます。

    ちなみに、資本主義は悪魔とのこと。中国は深みにはまっていますね。

    偽神?悪魔?そう解説するブログはこちら。卓見です。

      ↓  ↓  ↓

    第三の道01共産主義の偽神

    第三の道02資本主義の悪魔


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    books

    attractive entries

    link banners

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
      香月
    • これからのエネルギー&原発の未来
      ブランド コピー激安楽天市場
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      香月
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM