きょう1号機発送電開始(転載)

0

     九州電力は13日、再稼働した川内原発1号機(薩摩川内市)の発電と送電を14日午前9時ごろ始めると発表した。同日は出力を30%まで上げ、8月下旬ごろからフル出力運転を行う。発送電は定期検査で停止した2011年5月以来、4年3ヶ月ぶり。

     九電は、夏場の電力供給が不足する恐れがあるため、中部電力や中国電力からの融通を受けている。1号機がフル出力運転できれば、自前で対応できる見通し。供給余力を示す予備率も、安定供給に最低限必要な3%から5.1%に改善する。

     13日午後4時半ごろに発電用のタービンを起動。回転数を発電時と同じ毎分1800回転まで1時間半かけて上昇させた。タービンに異常が発生した場合に、流入する蒸気を遮断する装置が正常に動くか確認する検査なども実施。タービン車軸の振動が正常でバランスを取る作業が不要になり、発送電開始が当初予定の14日午後6時ごろより早まった。

     1号機は11日に原子炉が起動して再稼働し、同日夜に核燃料の核分裂が安定する「臨界」に達した。9月上旬の営業運転開始を目指している。

    (雪松博明)

    南日本新聞 2015日8月14日掲載分


     

    安倍談話の後のNHK出演の中でも、総理から川内原発へ関しての言葉がありました。

    今、原発がベースロード電源として選択肢の中にあることの必要性。それから、防災面からこれからも、より充実した避難計画を目指していくということ。

    半径10Km圏内の災害時要援護者に関しては、避難手段や経路、必要なバスの確保が獲得できたそうです。

    原料のウランは、100%輸入に頼っています。ただ西からではなく主な輸入先はオーストラリアやカナダなので、石油とは違う輸入経路を辿ることからエネルギーの安定確保につながります。

    再稼働からの一連の流れに、ひと安心しました。鹿児島県民としてこれからも自分に出来ることを確かめていきたいです。



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    books

    attractive entries

    link banners

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
      香月
    • これからのエネルギー&原発の未来
      ブランド コピー激安楽天市場
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      香月
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM