欧州版「宇宙往還機」(転載)

0


    的川さんの朝の文箱の転載も3回目となりました。

    ______________________________________

     冷戦中も冷戦後も、ヨーロッパ各国は常に米ソ(あるいは米ロ)を独自の立場で見つめ、付き合い、政策を展開してきている。宇宙の分野でも、その傾向は如実に表れている。

     そのヨーロッパが、宇宙輸送に新たなページを開いた。スペースシャトルが引退した後、使い捨てタイプばかりを使ってきた世界で、再び宇宙へ行って戻って来る「宇宙往還機」への挑戦を開始した。

     さる2月11日、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)が南米クールーのギアナ宇宙センターから打ち上げたヴェガ・ロケットに搭載されたのが、その宇宙往還を果たすための実験機IXV。宇宙へ飛び立ち、これが地球へ戻って若干のメンテナンスの後に再び飛ぶことができれば、打ち上げコストの節約だけでなく、ミッションを遂行する上でもさまざまな可能性が広がる。今回はそのための最初の本格的な実験機だった。

     全長5メートル、重量2トンのIXVは、高度340キロでロケットから分離し、国際宇宙ステーションが飛んでいる400キロより高く上昇、多くの実験を積み重ねて開発した「リフティング・ボディ」という形状から揚力を生みながら、機体後部に装備した2枚の板(フラップ)とガスジェットの噴射で巧みに安定を保ちつつ降下した。その後パラシュートを開いて、大気中を緩降下、目標とする太平洋上に無事着水し、回収された。

     弾道飛行ながら、この実験飛行では、軌道上から戻る時の状況を忠実に再現しているので、今後の開発に向けて大きな成功を収めたと思われる。自分たちの文化が蓄積してきた宇宙への考え方に基づいて、独自の宇宙戦略を進めるヨーロッパの行き方から、私たちの国の今後の宇宙への取り組み方にも大切な教訓を読み取りたいと思う。

     「宇宙飛行の父」ツィオルコフスキーが晩年、「地球は人類の揺り籠である。しかし人類はいつまでもその揺り籠に留まってはいないだろう」と予言したように、20世紀の半ばを過ぎてから人類は勇敢に宇宙へ飛び出し、ついに月面にまで路破の足を延ばした。ただし残念ながら宇宙へ飛び出したのは、人類の代表選手たちだけであり、大量の人間が日常的に宇宙へ出かけているわけではない。

     仏教哲学の山折哲雄さんが、「現在の宇宙飛行はノアの箱舟ですな」とおっしゃったことがある。代表だけが行くという欧米の考え方が一神教と深いところでつながっているのかどうかの議論はおくとしても、かつて人類が東アフリカの地からこの天体の全域を生活の場所にしていったのは、代表選手たちだけの仕業だったわけではない。

     あの「翼よ、あれがパリの灯だ」の頃、たった一人で大西洋を横断した時代から、ジャンボジェットの時代を実現したように、遠からぬ時期に、無数の人々が日常的に宇宙を活動の場とする時代がやって来るだろう。長期に歴史を眺めれば、現在の世界の宇宙活動は、そうした宇宙空間の普遍化の努力の試行錯誤の一環にすぎない。日本も、この国が育んできた情緒・知性・文化に基づいて、宇宙進出の意味を独自に打ち出し、他国のまねに堕しない戦略を策定して世界の歴史に寄与する機運が熟している。

    ______________________________________

    的川 泰宣氏(まとかわ やすのり)

    JAXA(宇宙航空研究開発機構)名誉教授。1942年広島県呉市生まれ。東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒。2003年まで8年間、内之浦宇宙空間観測所長を務める。神奈川県大和市在住。
    ______________________________________

    転載元:南日本新聞 2月15日掲載分


     

    いつか、月から地球の姿を眺める日も来るのでしょうか。

    こんなきれいな星が宇宙旅行の帰りに迎えてくれるのなら、やはりこの星は私たちの揺り籠と思うでしょう。






     

    JAXA月周回衛星「かぐや」


     




















     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    books

    attractive entries

    link banners

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
      香月
    • これからのエネルギー&原発の未来
      ブランド コピー激安楽天市場
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      香月
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM