新年の抱負(丁酉・ひのととり)

0

     

    早、松の内も過ぎまして。

     

    今年のお正月はおせちにお雑煮、おでんまで。堪能しました。

    初詣ももちろん行きましたよ。

    おみくじに付いていた和歌はこちら。

     

    荒れくるう嵐のあとの末遂に

    道は隠れぬ雪降りつもれば

     

     

     

    たった今あるいは今年これから。

    にっちもさっちもいかないと天を仰ぐことがきっとあるでしょう。

     

    でも、ああ遂にと嘆く前に。

    春は必ずやってくる。

    太陽の光がきっと雪を溶かす時がくる。

    それを忘れてやいませんか。

     

    大事なのは、落ち着いて考えること。

    手立ては必ずあるはず。

    生まれついた時代のなかで、限られた自分の時間をどう活かすか、どの道を選ぶかだけは決めることができるのだから。

     

     

    誰にとりましても豊かで実りある一年が訪れますように。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    books

    attractive entries

    link banners

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)
    • ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)
    • ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)
    • 国の成り立ち(3)補足ー馬英九総裁が「日華平和条約」締結の意義を語る
    • 教育勅語
    • 教育勅語
    • 教育勅語
    • 教育勅語
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM