東中佐の突撃ー第一次ノモンハン事件ー(転載)

0

     第一次ノモンハン事件で捜索隊(偵察任務のほか攻撃任務も行う)の東中佐ら19名は敵に包囲され、突撃攻撃を試みる。部隊の飯島少尉は戦車に飛び乗り、乗員を刺殺、次の瞬間に胸に弾が貫通し、もはやこれまでと敵戦車上で割腹した。東中佐は日本刀を持って突撃し、榴弾に倒れた(池田軍医中尉の目撃談)。こういった行為は戦後論調ではバカな突撃、精神主義といわれそうだが、これでソ連軍はビビッて200メートルも退却してしまった。これがなければ目撃した池田軍医ほか負傷兵の命運も尽きていたのかもしれない。
     日本軍の白兵戦はソ・モ軍にとっては恐怖であったのと、日本兵の銃剣術によってバタバタやられたので、銃剣術の有効性を認識したようだ。ソ連はノモンハン戦後に銃剣術を取り入れ、対ドイツ戦で使い効果をあげている。
     東中佐のことは外蒙古軍(モンゴル軍)の間でも知られていて「太陽の先生(ナラン・バクシ)」と言われていた。日本兵捕虜から聞いたのだと思う。当時、モンゴルは日本のことをナラン・オルシス(太陽の国)と呼んでいた。モンゴル人が日本をどう思っていたかを垣間見ることができる。
     1990年、ノモンハンの戦場の慰霊に東中佐の三女の方がおり、同行していた言語学者の田中克彦氏がモンゴル国軍の国境哨所長に「あの人がアズマ中佐の娘さんです」と言ったところ、所長は東中佐の娘さんを誘って馬に乗せ、草原を散歩していった。

    ブログ「かつて日本は美しかった」の [満州史]より
    (いくらか文体を変えています)

         

         

    .。*゚+.*.。ノモンハン事件(ソ連ではハルハ川事件、モンゴルではハルハ川戦争) ゚+..。*゚+

    満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した紛争。数で大きく上回るソ連とモンゴルの連合軍に対し、関東軍(日本陸軍)と満州国軍は互角に戦う。空中戦は日本に軍配が上がる。8月の惨敗。9月に入ってからの攻勢と大規模な反撃の準備。9月15日に停戦が成立した後すぐ、17日にソ連軍がポーランドに侵攻したことを知る。東の憂いがなくなったソ連は西へ力を傾注することができたのだ。「負けたと思ったほうが負け」、諜報戦に敗北した。停戦交渉に関わった陸軍駐在武官・土井昭夫大佐は「こんなことならもう2、3日粘っていれば・・・まんまと騙された感が強い」と話したという。

    結局ソ連に押し込まれた形で敗戦、国境線画定となり領土防衛という戦いの目的を達成することはできなかった。第一次ノモンハン事件は、1939年5月11日から31日まで。

         

         


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    books

    attractive entries

    link banners

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
      香月
    • これからのエネルギー&原発の未来
      ブランド コピー激安楽天市場
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      香月
    • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
      うらら

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM