「理想」と「現実」

0

    「真実」と「現実」のどちらを取るか。そんな問いかけがあったらどう答えましょう。

    国際社会の中では「現実」を取る国が、各国の調整役や落とし所を見つけるのがうまいそうです。

    イギリス人がうまいのは迷うことなく後者を取るからで、二ュートンを始め自然科学や数学に昔から強いのもそういう性格からきているとか。結論を出すまでが辛抱強い。

     

    この話、日本のエネルギー問題にもあてはまるのではないでしょうか。

    「真実」を「理想」に置き換えて、「理想」と「現実」の狭間に立っているとしたら、どちらを取るか。

     

    ゼロリスクが保障されない限り、原発の再稼働は許されないという考え。

    それから、もう一方では、今ある技術を駆使して様々な問題を乗り越えようという考え。

    私は後者の生き方が好きです。

     

     

    人気記事5選


    1

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    books

    attractive entries

    link banners

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)
    • ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)
    • ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)
    • 国の成り立ち(3)補足ー馬英九総裁が「日華平和条約」締結の意義を語る
    • 教育勅語
    • 教育勅語
    • 教育勅語
    • 教育勅語
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月
    • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
      香月

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM