築地と豊洲(1)、幾重にも重ねられた汚染回避と都市計画(電子書籍紹介)

0

     

    《電子書籍紹介》

     

    「安全」なのか分からないから、「安心」とは言えない。

    結論が曖昧なまま、なんとなく不安を覚えている人は多いのではないでしょうか。

     

    ならば、そこを紐解いていきましょう。

    結局、豊洲新市場は「安全」なのかどうなのか。

    また、「安全」とは一体何を指すのか。

    冷静かつ分かりやすい。耳慣れない言葉もひとつひとつ図解を交えながら解説していく。中央卸市場の豊洲移転にまつわる一連の騒動をまとめた良書。

     

     

    「1時間でだいたい分かる。築地問題の話を図解しました。」

     高橋洋介 著  電子書籍(Kindle版)250円

    Amazonにて販売中。

    kindle unlimited(100万冊以上読み放題)でも読めます。

     

    key word:

    地下水浄化プラント・地下ピット

     

    抜粋:

    「現在の豊洲市場の地下は汚染されているどころか、現在の東京の湾岸部で一番きれいな土壌の可能性がある。」

     

    「地下水を利用する予定は一切ない。」

     

    「無責任な報道は、ついに政治問題に発展してしまったわけです 」

    「 そもそもこれらは築地の移転問題とは何ら関係がありません。それなのに、このようなゴタゴタを断片的にしか知ることのできない視聴者には「豊洲はけしからん」という漠然とした印象ばかりが 残ってしまったのです。」

     

     

     

    石原慎太郎元都知事が巻き込まれたり、豊洲の住民が移転の是非を問う住民投票を課せられそうになっていたり、収束することなく話が妙な方向に行っていますね。

    豊洲の住民は、同時に風評被害にも悩まされています。

     

    ぜひ読んでいただきたいですし、東京在住の方や、なんだかよく分からんね、という周りの方にも勧められると思います。

     

     

     

    石原さんの後ろ盾になれば。

    ランキングにこっそり参加しています。ひとポチをぜひ。

    にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
    にほんブログ村・生涯学習

    月曜日のプライムニュースで、森喜朗氏が「環状2号線が間に合わない。ゼネコンに聞くと3月がリミット」と心配されていたそうです。

    東京オリンピックへ向けての大切な準備のひとつ。

    あまり時間がありません。

     

     

     

    《書籍発行後の動き》

     

    9回目のモニタリングで急に分析値が高く出たことについて、再調査の動きが始まっています。想定外のデータが得られたら、暫定値として据え置いて再検証するのは当然の流れでしょう。

     豊洲市場(東京都江東区)の地下水モニタリング調査に関し、16日、都は近く実施する再調査は、大幅に基準値を超えた場所を中心に30カ所程度で実施する方針を明らかにした。測定結果の精度を高めるため3機関に依頼する。

    産経ニュース 2017年1月17日配信より

     

    3月にその結果は出る模様です。

     

    この一連のモニタリングは、「安全」かどうかではなく、「理想」どおりかどうかを調べているように思えます。それは技術者達が、理想である完璧を目指して自らを追い込んできた証でもあるのですが。

    厳しい基準設定(水道水並み)だけでなく、排水基準も比較対象に加えたり、浄化プラント(※1)から敷地外へ排出される排水も一緒に調査するなど、適切で、現実的な判断が下されることを望みます。

     

    例えば、前回に近い分析結果が出たならば、それでも「安全」であることに変わりはないのですから、「安心」の敷居を一段下げて、豊洲移転にGoサインを出す(※2)。

    都民の不安を一斉に払拭できる判断と決断は、現都知事など一部の政治家にしかできません。「現場を前に進める務めを果たせ」、ですよね。混乱の犯人探しや住民へ責任転嫁している場合ではありません。中心に立つ者の臨機応変さが、問題解決への一番の近道です。

     

    (※1)排水基準以上の地下水は、ここで浄化されてから排水される。

    (※2)ベンゼンなどの揮発性物質について、地下水環境基準の100倍の濃度でも地上空気の環境基準は保たれることが豊洲の専門家会議の計算によって示されています。地下ピット内の空気も今現在、留意するべき汚染は何ら見られていないということです。

     

     

    (補足資料)

    各有害物質は下記を超えないことが求められる(おおまかなもの・排水基準を1とした時)

     

    [環境省] 

    排水基準                    1      

     

    地下水環境基準・土壌環境基準(溶出基準)    1/10

    (くみ上げて使う飲料用水を対象としたもの)

     

    [厚生労働省]

    水道水質基準                  1/10

    (水道水…飲料用上水)

     

     

    魚屋+議員+議員=本音トーク「報道特注(右)」テーマ)洲問題

     

     

     


    築地と豊洲(2)、現場を前に進める務めを果たせ(石原元都知事の手紙)

    0

       

      厄介な人達を味方に引き入れたものです。

      味方の少ない小池都知事は共産党に食いつかれた、と前回の動画でありましたが、正にその通り。

      彼らは原発の時は「ゼロリスク」を示せと周りを困らせていましたね。

      私たちは「理想郷」ではなく、「現世」を生きなければならない。

       

      そもそもの始まりは、築地中央卸市場の老朽化対策、それと、時代に合わせた改革のためでした。

       

      建物の老朽化

      ・昭和10年に建設された。

      ・アスベストが含まれる。再整備、あるいは移転の際に処理される予定。

       

      環境面からのアプローチ

      ・今ある技術を駆使した結果、豊洲新市場は開設後も「安全」に運営される体制が整った。モニタリング調査との整合性もある。

      ・HACCPが2018年に日本においても義務化される。今のところ、豊洲はその基準を満たしている。築地は再整備されない限り、条件は劣悪なままとなり、加工品の拡充など次の展望が見えない。中小企業などに対しては弾力的な運用はされると思われるが、大きな市場であるし、「築地」という名前は世界的に注目されているソフトブランドなので、この点から見ても、市場関係者は窮地に陥っている。

       

      ※HACCP=略称ハサップ。食品の製造や加工に対して食品衛生を守ろうと国際的に考え出された衛生管理の手法。国連下のWHO(世界保健機関)やFAO(国連食糧農業機関)が主導している。仲卸にはB基準が適用される。

      ※[3月25日追記]築地に7社ある水産卸のうち「第一水産」が6日付で、食品安全マネジメントの国際規格FSSC 22000(より明確)と、日本版HACCP「JFS-E」のB規格の認証を得たと発表しました。

       

      移転中止兼築地再整備の問題点

      ・市場は生鮮食品を扱う場所。アスベストなどが含まれるため、営業しながらの改修、再整備はかなりの時間がかかる。今までも何回か検討されながら、無理だと判断されてきた。

      ・移転中止に対する市場関係者への保障はかなりの額にのぼる。これは都の財政から支払われることになる。

      ・環状2号線は都心から選手村への通り道。築地市場跡を通って造られる予定なので、このままだと工事が進まないままオリンピックを迎えることになる。

       

       

       

       

      東京都議会が百条委員会(調査特別委員会)を設置する方針を決めました。

       

      さらし者にしようとしている。

      あんなに東京のために力を尽くした御仁なのに。

      それでいいの、東京都民の方々。

       

      多少、口は悪いかもしれませんが、「warm heart」がある首長だったではありませんか。

       

      ディーゼル規制に関してはニュースに疎かった私も覚えています。パリや北京の大気汚染を対岸の火事と眺めていられるのは、石原さんのおかげです。恩を仇で返すのでしょうか。

       

       

      Tweetから

      同じ事何度でも呟きます。日本中の皆さん、今、豊洲の土壌汚染が〜とデマばら撒く共産移転反対派と、#小池都知事 が、石原氏に対して故無き訴訟を謀ってます。でもね、皆さん、皮肉な事に23区内の空気中のベンゼン濃度って、石原都政以前は、現在の基準値の2〜3倍あったんです。(2017/2/17)

      (※この場合の基準値は、大気中の環境基準値)

       

       

      移転決定までの経緯

       

      平成10年代に都庁に勤めていましたので、中央市場局にいたことはありませんが、移転決定までのゴタゴタはずっと見ていました。あれだけ揉めた中でまとめ上げたのは凄いことだなあと思ってました。で、「石原大型公共事業反対」の格好の標的にされたんですよね…(2016/9/11)

       

       

      そうでしたか!最後までまとまらなかった水産仲卸が落ち着いたのは、仲卸一軒一軒に送った石原知事からの手紙が大きかったと思います。その後現東卸理事長のご尽力、都の協力があったればこそ、ここまで漕ぎ着けられたんです。最後の最後でやられてますが…w(2016/9/12)

       

      また、市場問題PTによる築地市場業者へのヒアリングでは。

       「私共、ここへ至るまでに30年以上、東京都の皆さん、設計会社の皆さんと色んな議論を尽くしてきました。今日、問題提起された内容は全てその中に含まれております。その中でいろんな議論をしながら到達したのが『ここ』なんです。」2016/11/20

       

      オレたち築地市場の全事業者宛に平成22年10月に配られた、石原知事からの手紙。

      汚染「除去」手法を編みだし…と書いてあった。(2016/9/13)

       

       

       

      拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

      日頃より、首都圏三千三百万人の食を支えるため、ご尽力されていることに深く敬意を表し、感謝いたします。

       

      さて、この度、私は東京都知事として、築地市場の豊洲移転を進めていくことを決断いたしました。

      築地市場の再整備が持ち上がったのは二十五年以上も前、鈴木都政の時代のことであります。

      当初の築地・現在地再整備が残念ながら頓挫した後、業界自ら苦い経験を糧にして、築地の街に深い愛着を持ちつつも、豊洲での新市場建設に活路を見出されました。

      都としても、共に協議を重ねて、平成二十六年度の開場を目指してまいりました。

       

      本年の第一回都議会定例会では、移転のための予算が認められた一方、議会として現在地再整備について検討したいとの意向が示されたことから、結論を待っておりました。

      議会の検討からは、現在地再整備の困難さが、改めて明らかとなりました。仮に全てが順調に進んでも十数年の月日がかかることがわかりました。現在地再整備が選択肢たり得ないことは明白ですが、議会は結論を先送りし、今後の見通しも示しておりません。

      ならば、知事としての責任で大きく歯車を回すしかありません。なにより、築地市場を取り巻く情勢が、先送りを許しません。

       

      開場から七十五年が経過し老朽化は窮まっております。
      観光客の賑わいとは裏腹に、今後求められる品質・衛生管理の水準に応えられず、産地・顧客ニーズへの対応もままなりません。新市場整備が先に延びるほど、厳しい経営環境が、一段と悪化するのは必至です。

       

      先般、業界団体から

      「議会の現在地再整備案では実際には二十年かかり、とても待てない。豊洲に新市場を開設して欲しい。」

      旨の切実なご要望を頂きました。

      市場の未来を見据え長い時間をかけて議論をまとめてきた業界の労苦に応えるためにも、先も見えぬまま待つ不安と焦燥に区切りを付けるべく、決断をいたしました。

       

      今後、豊洲移転に全力を傾けてまいります。

       

      移転予定地の土壌汚染対策については、我が国最高権威の学者の方々の英知もお借りして、日本の優れた先端技術を活用した汚染除去手法を編み出し、現地での実験も済ませております。安全・安心の確保は十分可能であり、万全を期してまいります。

      移転を具体的に進めていくにあたり、皆様がそれぞれに抱える課題・不安・心配は様々であります。これらに丁寧に耳を傾けながら、皆様と共に知恵を絞ってまいります。

       

      首都の行政を預かる知事として、現実に立脚し、複合的に発想して、今回の決断をいたしました。

      皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

      敬具 

       

      平成二十二年 十月
      東京都知事 石原慎太郎

      築地市場事業者の皆様

       

       

      ブログ「目が覚めて思うこといろいろ」

       詳細な記事の数々。後半のほとんど、写真や手紙の内容など幾つか転載させていただきました。

       

      また、信輔さん、noriさんのTweetからの情報もたくさん拝借させていただいています。

       

       

       

       

       

       


      1

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      books

      attractive entries

      link banners

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
        香月
      • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
        香月
      • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
        香月
      • これからのエネルギー&原発の未来
        ブランド コピー激安楽天市場
      • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
        うらら
      • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
        香月
      • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
        うらら

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM