ー8月16日ーソ連 北海道占領要求(転載)

0


     

    去年は戦後70年ということで歴史を振り返る多くの企画がありました。

    こちらはそのひとつ、地元の新聞の連載記事となります。少しずつ転載という形でご紹介していけたらと考えています。
     


     

    『再現日録』終戦からの31日間

    ______________________________________

     70年前の夏、ポツダム宣言受諾とともに日本政府は占領軍受け入れを進めるが、満州や樺太などで悲劇はなお続いた。虚脱と混乱、そして希望の芽吹きが織りなす8月16日からの31日間を現代の記事スタイルで再現する。

    ______________________________________

    (1)1945年8月16日 ソ連 北海道占領要求

     ソ連のスターリン首相(共産党書記長)は16日、日本占領政策をめぐり、トルーマン米大統領に対して「日本軍がソ連軍に降伏すべき地域の中に北海道の北部を加えること」を要求した。これは北海道の北半分をソ連が占領統治する提案で、境界線は「東は釧路、西は留萌に至る線とし、釧路と留萌の両市は北半分に属する」としている。

     トルーマン大統領が連合国各国に送った「一般命令第1号」は、日本軍が降伏すべき相手を以下のように定めている。

     (1)中国、台湾および北緯16度以北のインドシナは蒋介石(中華民国主席)軍(2)満州、北緯38度以北の朝鮮、樺太はソ連軍(3)北緯16度以南のインドシナ、ビルマからソロモン諸島に至る地域は英軍かオーストラリア軍(4)日本本土、フィリピン、北緯38度以南の朝鮮においてはマッカーサー元帥率いる米軍。

     スターリン首相は(2)について同意しつつ、北海道北部と「千島列島全部」を加えるよう求めた。この日、日本では特攻隊の創設者とされる大西滝治郎海軍中将が官舎で自決した。

          ◇            ◇

     スターリン提案をトルーマンが受け入れていれば、北海道北部は戦後,共産圏に組み入れられた可能性もある。しかし、トルーマンは約2週間、スターリンと電文で応酬した末、北海道をめぐる要求を退けた。

    ______________________________________

    転載元:南日本新聞 2015年8月16日掲載分

    ※留萌=るもい
     

    ※サイト内参考記事「歴史探訪〜ヤルタ密約〜」



     

    Key word:国の成り立ち


    ー8月17日ー東久邇宮内閣が成立(転載)

    0



      『再現日録』終戦からの31日間

      ______________________________________

      (2)1945年8月17日 東久邇宮内閣が成立

       鈴木貫太郎内閣の総辞職を受けて東久邇宮稔彦王を首班とする新内閣が17日に成立、内閣制度が始まって以来初の皇族内閣が誕生した。

       新首相は軍の武装解除など終戦にかかわるさまざまな処理と占領軍を迎える役割を担う。外相は重光葵元外相が復任した。

       57歳の東久邇宮稔彦王は久邇宮朝彦親王の九男として生まれ、1906年に東久邇宮家を創設した。陸軍大学校卒業後に明治天皇の皇女と結婚。20年から27年までフランスに留学し、帰国後は陸軍航空本部長などを歴任。

       皇族の中でも自由主義的な思想を持っているとされ、41年の対米開戦には反対していたとされる。同年の近衛文麿内閣の総辞職後は首相候補にも名前が挙げられた。

       しかし、昭和天皇は「軍が絶対的に平和保持の方針で進むというなら」よいが「皇族総理の際、万一(対米)戦争が起きると皇室が開戦の責任をとることとなるので良くない」として反対し、東条英機内閣が誕生した経緯があった。

       一方、日本の軍政下にあったインドネシアは17日、独立宣言を出した。

            ◇            ◇

       「昭和天皇独白録」によると、41年10月の時点で対米開戦をめぐる皇族の意見は、高松宮は「戦争論者の一人」、「東久邇宮、梨本宮、賀陽宮は平和論者だった」。
       

      ______________________________________

      転載元:南日本新聞 2015年8月17日掲載分
       

      ※東久邇宮=ひがしくにのみや

       稔彦王 =なるひこおう

       賀陽宮 =かやのみや

       

      ※葵=あおい、まもる
       

      Key word:国の成り立ち


       


      ー8月18日ー「満州国」皇帝が退位(抜粋)

      0

         

        『再現日録』終戦からの31日間

        ______________________________________

         

        (3)1945年8月18日 「満州国」皇帝が退位

         

         日本の連合国への降伏に伴い、「満州国」(中国東北部)の溥儀皇帝が18日に退位した。これによって満州国は建国以来約13年半で消滅することになった。

         退位の儀式は同日未明、朝鮮との国境に近い大栗子の皇帝の仮住まい先で行われた。皇帝は自ら「退位詔書」を読み上げながら、目頭を押さえて号泣したという。

         皇帝は9日のソ連対日参戦後、満州国の首都新京(長春)から大栗子に退避、日本人社宅に移り住んでいた。

         日本の関東軍も満州北部からは退却し、新京から通化に司令部を移している。このため満州各地では開拓団など多くの日本人が取り残され、ソ連軍などによる暴行や略奪が横行している。避難中に家族が離散するなどの悲劇も起きている。

         

         一方、日本では18日、内務省が「外国駐屯軍慰安施設等整備要項」で、占領軍兵士のための慰安婦設置を全国に指令した。

              ◇            ◇

         溥儀はこの後、日本への亡命を図ったが、ソ連軍に捕らえられ、50年に中国に身柄を引き渡される。戦犯収容所に入るが59年に特赦で出所した。その生涯は「ラストエンペラー」として映画化された。

        ______________________________________

        転載元:南日本新聞 2015年8月18日掲載分

         

         

        ※大栗子=ターリーズ

         

         

         

        過去は振り返らない。

        歴史をただ受け継ぎたい。

        空白は虚偽を産むからそうならないように、惑わされないように。

         

        次に記す事件は二度と繰り返してはならない。

        亡くなった方達に哀悼の意を。

         

         

        朝鮮と国境を接する満州通化省。

        終戦時、通化省の満州国軍や警察は国民党軍に組み入れられていた。中華民国の軍の統治下にあったのだ。

        ソ連の参戦に呼応し、八路軍が駐留する。

        ここでの八路軍とは、華北からの正規の中国共産党軍と先に駐留していた朝鮮人民義勇軍を合わせた総称である。

         

        満州各地から命からがら南下してきた日本人は通化市に集まっていたものの、ソ連軍の占領下、内地に帰れない。

        ソ連が撤退すると、支配を委譲された共産党軍が幅を利かせるようになる。

        だんだんと締め付けや暴力、略奪はひどくなった。中国人で処刑をまぬがれた通化省行政の幹部はわずかだった。

         

        中華民国政府の要請を受けた、元関東軍軍人らは共に蜂起しようと計画を立てていたが既に情報は漏れていた。

        1946年2月3日。

        武器もない中、共産党軍の拠点襲撃や、溥儀の后婉容や嵯峨浩(皇弟妃)らを救出しようと蜂起するも、日本人は孤立して敗れる。

        国民党軍は計画を延期しようとしていたのだが連携がとれず伝わらなかった。

        16歳以上の日本人男性は関与を問わず連行された。そして数千人の日本人が無惨に殺された。

        これも戦後の話。

         

         


        1

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        books

        attractive entries

        link banners

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
          香月
        • 近衛家の戦い(近衛文隆)〜ラーゲリに消えたサムライ〜
          香月
        • 戦士の休息〜Card Wirthと共に〜
          香月
        • これからのエネルギー&原発の未来
          ブランド コピー激安楽天市場
        • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
          うらら
        • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
          香月
        • FUKUSHIMA50『The memory 1F lost all power supplies』5-17
          うらら

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM